4/20 スナックちから vol.0「3.11からの、小さなメディアのポテンシャル」


お待たせしました! 開催を延期していた「スナックちから」が、いよいよ再起動します。「3.11以後」とゆう言い方には多少の抵抗がありますが、とはいえあの地震が、時代の空気を一変させたのは間違いないでしょう……。では、何がどう変わり、あるいは変わらず、そしてわたし(たち)はこれからどう生きていくのか? まずはそんなところから、くたくたと語りはじめてみます。

今回は入場無料&ドリンク代のみ、ラフな形式でやります。とはいえ最初にホストの藤原のほうから「3.11からの、小さなメディアのポテンシャル」をテーマに簡単な基調報告をします(参考文献として、たまたま最近読んだ佐々木俊尚『キュレーションの時代』と、KAI-YOU編『ミニコミ2.0』を考えています)。といいますか、今新しい個人メディアをつくる準備をしているので、その構想を発表させていただきます。

そして3人のコメンテーターにツッコミなどいただきつつ、なにはともあれお酒を飲みつつ、あとは会場に来てくれたお客さんとも意見交換していけたらなーと思ってます。震災で、みんな、疲弊してると思うので、そんな気持ちも含めてざっくばらんに語り合いましょう。

会場となるSNACでは、田口行弘個展「Pan! Pan! Pan!」を開催中。異空間の中でのイベントになりそうです。今回はUST中継はしません。ぜひふらっと来てください~。

★今回のコメンテーター
原田淳子(路地と人)
Pippo(poetry artist/「ぼん・くらーじゅ」主宰)
加藤賢策(デザイナー/東京ピストル)
※詳しくは下記ページを参照ください。
http://pulfujiko.exblog.jp/13401895/

日時:2011年4月20日19:00 Open / 19:30 Start
会場:SNAC access
料金:入場無料+1ドリンク

タイムテーブル(予定)
19:00 OPEN、もう飲めます
19:30 報告「3.11からの、小さなメディアのポテンシャル」by藤原ちから
19:50 コメンテーターを交えてトーク
20:30 来場者を含めてのフリートーク

予約方法:
CONTACTのページより、題名を「スナックちから」とし、本文に「お名前・枚数・電話番号」を記入の上、送信ボタンを押して下さい。こちらからの返信を持って、ご予約完了となります。
なお、定員になり次第、受付を締め切らせて頂きます。ご了承ください。

★「スナックちから」とは?
「小さなメディア、スペース、エコノミー」をテーマに、藤原ちから&辻本力、そしてチーママ・カジワラマリが、ゲストを呼んで話を聴くなど、何かしらのことをしていくシリーズ企画。基本的にお酒を飲みながらやります(お酒は会場で販売します。簡単なおつまみや、ノンアルコールドリンクもご用意します)。世相も相変わらず不安定ですので、様々な情勢に対応できる、フットワークの軽い媒体=イベントにしたいと思ってます。どうぞご贔屓に。

★ホスト・プロフィール

藤原ちから(ふじわら・ちから)@pulfujiko 
1977年生まれ。編集者、フリーランサー。編集者としては出版社勤務ののち、雑誌「エクス・ポ」、フリーペーパー「路字」、武蔵野美術大学広報誌「mauleaf」の編集などを担当。辻本との共編著に『〈建築〉としてのブックガイド』もある。プルサーマル・フジコ名義で演劇評を書くほか、いろいろやります。好きなお酒は、なんといってもビール、そして日本酒、レモンサワー、紹興酒、マッコリなど。

辻本力(つじもと・ちから)@fiddlestick
1979年生まれ。編集者(時々インタビューアー、雑文書き等)。「生活考察」編集発行人。「エクス・ポ」編集者。文化施設「水戸芸術館」にて演劇の制作および機関誌「WALK」の責任編集を務めたのち、09年退職、現在フリー。藤原との共編著に『〈建築〉としてのブックガイド』(明月堂書店)がある。品よく管巻く大衆酒場愛好者。

★チーママ・プロフィール
カジワラマリ @kjwr_mr
1983年生まれ。昼間は映画産業の片隅で営業・宣伝のお仕事を、夜間は大体酔っ払い。
熱燗片手に美味しいお酒を作ります。

Comments are closed.